IMG_7028


『無駄とかそういうの、もういいから。全てを私のせいにして、私の言葉を封じてそれがあなたのやり方だよね。


 そんな事はもういいの。私は事実を知りたいの!』


 私はさらに続けます。


『ヒステリーとか癇癪とか酷い言われようだけど、それならそれで別にいい。


 私はただ、あなたの口から本当のことを話して欲しい』

 

 私の言葉に動揺しないばかりか、言葉尻をとってバカにして私を怒らせて話を有耶無耶にしようとしている夫の手口


 いつもはそれに引っかかって、結局言いたいことを言えず誤魔化されていました。


『あなたはさ、いつもそうやってヘラヘラしたり逆ギレしたりして私の言葉を奪おうとするよね。


 そう言うのってすごく卑怯だし、男としてみっともないよね』


 夫も流石にいつもと違う様子の私に戸惑い始めたようでした。


『まじでどうしちゃったのあいか?俺はいつも本当のことを言ってるし、家族を大事にしてるだろ?』


『そんなことは言ってないし、聞いてない!』


(あーもう話が進まない!)


『私が聞きたい事は、モナと不倫関係にあるんでしょ?!って事と、


 これから私たちとどうしたいのかって事!この2点以外の事は今はどうでもいい!


答えて今すぐ!』


 私はいつも通り、夫は逆ギレして通話を打ち切るか、話し合いから逃げることを選択するだろうと思っていました。


 しかし夫、ここでまさかの第3形態


 号泣。


『どうしちゃったんだよあいかぁ〜?!何?!俺と別れたいの?!俺のこと捨てるの?!


 どうしてそんな事言い出すんだよぉ〜!』


 あっけに取られる私を尻目に夫はなおも号泣しながら続けます。


『ヤダヤダヤダー!俺は別れたくない!別れたくないんだよぉおおおおおおおお!』


泣いてたらわかんないんだけど


(ていうかキモいから泣き止んでほしい


で、私と別れたいのは分かったけど、もう1つは?!モナとの事は認めるの?!』


『それはだってだって!違うって言ってるじゃん!』


『(この期に及んでまだその言い訳が通じるとでも?!)


 違うって何よ!モナは大事なパートナーなんでしょ?!


 パートナーってことはそういう事じゃないの?!そんな風に紹介してたって聞いたよ?!


 プラス今回の結婚式写真、夫が認めないって言うなら、今すぐモナに聞いてみようか?!』

 

 私はどんどん責め立てていきます。すると夫はぐずぐず鼻を鳴らしながらゴニョゴニョと


『何言ってんのそんなことしたら会社での俺の立場が


とにかく違うんだよ信じてくれよ


俺にはあいかだけなんだってば!』


『会社の立場と私たちとどっちが大切なわけ?!夫がそう言うつもりなら、離婚も考えるから!』


 私、会心の一撃です。しかし夫はさらに大声で


『離婚は嫌だぁあああああああ!』


 そう言ってまた、泣き出してしまいました。


『だって、あいか俺の言うこと全く信じてくれないし


 モナのことは違うって言ってるのに俺とモナが不倫だって証拠はあるのかよ


 その写真はPRだから証拠になんてならないし!』


『だって明らかじゃん!仕事でこう言うことをしたって言うなら、その掲載された雑誌とか見せてよ!』


 私の一言に、夫はさっと顔をあげ


『それを見せたら俺の言うこと、信じてくれるわけ?!』


 信じられるわけがないでも、そんな雑誌出せるわけがないと思った私は


『ちゃんと見せてくれたらね』


 と答えました。


『分かった!いつ発行のやつか明日会社で聞いてくるから!』


 と言って通話を終えることに。結局肝心な言質を取ることはできませんでした。


 しかし、確かなことは


 夫は絶対に不倫を認めなかった、と言うことと

 私と離婚する気はないのだ、と言うこと。


 いつもならキレて怒鳴りちらかすはずなのに、泣いて信じてほしいと訴えてきた夫。


 私はまた、夫を疑う気持ちがグラついてきました。 

▼目次▼

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30
31/32/33/34/35/36/37/38/39/40/

→次回のお話はこちらから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※毎日19時ごろ投稿して行きます

アルファポリスでも投稿しています↓こっちの方が先まであります☺️


シナリオ版はこちらから↓